2017-01-17

リュック型防災ペットキャリー「GRAMP」が気になる

160723_1419

おこめを飼い始めて1年半、いまだお気に入りのメインキャリーと呼べるものには出会えておらず、キャリージプシー中のちいちです

私はおこめと一緒に職場に出勤しているので、キャリーの使用頻度はかなり高めです。早くコレだ!というものを手にしたい❗️

最近目をつけてるのがリュック型キャリーなんですけど、ネットで見てまわってとても気になる商品を見つけたのでメモしておきます

 

 

リオニマルのリュック型ペットキャリー「GLAMP」

災害を想定して設計された「GRAMP」というリュック型ペットキャリーです。

まずデザインが好み〜(*^^*)

シンプルなグレーと白の配色で、どんな洋服にも合わせやすそう⭐️

 

でもそれ以上にぐっときたのが、災害時のペットとの同行避難を想定して作られた、抜群の強度と機能性を持つリュックキャリーだという点❣️

実は「GRAMP」は背面部がにょーんと伸縮して、キャリーからあっという間に簡易的なケージに早変わりするんです

災害はもちろんだけど、旅行とか親戚の家に泊まる時に重宝しそうです。

 

チワワのおこめが使ったら、このトイプーちゃんよりも広いかな?

このキャリーを普段からおこめのベッドとして使って、旅行やもしもの災害の時に、初めて訪れる場所でも落ち着けるスペースになったらいいなーと思いました^ ^

 

他にもわんことお出かけする時に助かる細かい便利ポイントがたくさんあるので、詳しくは販売元のリオニマル公式サイトを見てみてください(^ ^)

【ペットキャリー GRAMP】

 

 

 

私が求める犬用リュックキャリーの最低条件

おこめ(1.7kgチワワ)に欲しいリュックキャリーの条件はこんな感じです。

  1. 中でおすわり&ふせができるサイズ
  2. ぶつかった時など簡単につぶれない強度
  3. 飼い主のファッションに合わせやすいデザイン

 

実はリュック型のペットキャリーは「Radica」のものを一つ持っているんですけど

結構な頻度で活躍してくれてますが、上の条件に対する評価はこれぐらい。

 

  1. ×

 

ちょっと微妙な感じなんですよね

サイズはちょうどよく、ファッションにもそこそこ合わせやすいのでとても良いキャリーだとは思います(^◇^;)

 

では何が不満かというと、ズバリ強度です

 

6千円ちょいだし、そこまでのクオリティを求めちゃいけないかもしれませんが、「おこめを安全に運ぶ」ためには一番こだわりたい部分

 

でも「Radica」のは柔らかいキルト地でできているので、押せば簡単に中の空間がつぶれます(>_<)

 

 

リュックキャリーって一見して犬が入っているようには見えないので、背負う時は電車移動や人混みで人や物とぶつからないよう気をつけてます。

それでもぶつかることは100%は避けられないし、うちの場合日々の出勤でキャリーフル活動

 

多少の衝撃ではおこめの安否を気にしないで済む&何年使ってもへこたれないくらいの強度が欲しいんです

 

 

 

この3つの観点で「GRAMP」を見ていくと、

大きさは十分すぎるくらい大きく、

洋服にも困らない、

災害用だから強度もバッチリ!最高じゃん!

と思ってポチりかけたんですけど・・・

 

リオニマル「GRAMP」の価格が可愛くない

「GRAMP」の唯一の難点、それは45,000円(税抜)という値段です

 

最初に商品説明見たときは、正直3万近くするかなーと思いました。

 

でも3万なんてとんでもなかった❗️

 

 

これに入れて山下公園行ったり、元町行ったり、

赤レンガ行ったり、中華街行ったりする妄想までして、

気持ちはすでに所有してるようなものなんですけど

 

手が・・・とどか・・・な・・・ぃ・・・

 

 

再度「GRAMP」が必要な理由を確認

160709_2011

しかし諦めかけた私の心の中で、こんな疑問がぽっと生まれるΣ(・□・)

 

それはこのキャリーのコンセプトにもなっている災害対策のこと。

もし明日地震が起きて、避難生活なんてことになったら、今のキャリーでおこめは快適に過ごせるだろうか。

 

2011年の東日本大震災や、昨年2016年の熊本地震など、大規模な地震がたて続けに起きてますし、大地震が明日起きるかもしれない、というのは有りえない話じゃないわけで。

 

ずっと起こると言われ続けている首都圏直下型地震が本当に起きてしまった時、おこめと私が暮らす横浜は間違いなく大きな被害を受けるでしょう。

 

 

その時に私は、今の装備でおこめを守ってやれるのか・・・?

 

そういう時のためにも、日々おこめを守るためにも、丈夫なキャリー探してたんじゃないの?

 

次にいいもの見つけて、また高かったら、また先送りするの・・・?

 

 

ということで?

キャリーで45,000円(税抜)は最高クラスに高いけど、今後10年以上にわたって使える(たぶん)ことや、おこめの安全を買うと考えれば、決して高くはないかもしれない。

170214_1002

この微笑みを守るためなら、45,000円(税抜)なんて・・・

 

・・・やっぱ高い( ^ω^ )

 

ということで、近日中に我が家のキャリーコレクションに「GRAMP」が加わるかもしれません

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA