2017-11-07

ソニー新型aibo(アイボ)の発売日と値段は?初回予約は即完売

DSC09569▲写真は我が家のおこめ2歳半

新型aiboの発売が発表されましたね。

我が家では93歳で一人暮らしをしている祖父の「欲しいなあ」の一言で、彼のパートナーとして購入するか本気で悩んでいます

そんな訳で、新型aiboついて、とくに費用の面を中心に情報をまとめました。


スポンサーリンク


新型aiboの発売日と予約状況は?

新型aiboの発売日は2018年1月11日(予定)となっています。犬にちなんで「わんわんわん」の日ですね。

予約状況ですが、来年1月に発売する初回分の予約は11月1日(水)夜11時1分から開始されましたが、30分で完売してしまったそうです。

2回目の予約販売日が決定

新型aiboの2回目の予約販売の日程が発表されました。

11月11日午前11時1分とのことです。やっぱり「わんわん」なんですね。

ということは年内のわんわんの日はこれ以降ないので、年内予約はこれが最後かもしれないですね。

新型aiboの値段は?維持費は総額いくらかかるの?

新型aiboの本体価格は税別19万8000円です。
しかし本体代とは別に「aiboベーシックプラン」(3年間)への加入が必須となっています。

購入から3年間の維持費を加えると、最低およそ28万円ほど必要になります。

aiboの充電時間と稼働時間

aiboはロボットなので、バッテリーを充電しなければなりません。
それにかかる時間は充電3時間に対し、連続稼働時間2時間となっています。

一瞬「え?稼働時間少な!!」と思いましたが、連続で稼働した場合なので、こまめに自分でお昼寝(充電)してくれれば不便は感じないのではないでしょうか。

犬は成犬で1日約15時間ほど睡眠をとりますから、1日の半分近くお昼寝モード(充電)でも自然ですよね。

加入必須の「aiboベーシックプラン」とは?

前述した「aiboベーシックプラン」とは、aiboが日々学習し成長するのに欠かせないクラウドサービスです。加入料は3年契約で、一括で9万円、分割で1月あたり2980円となります。

aiboはこの専用クラウドサーバーに常時接続することで、見たり聞いたりして覚えたことをaibo本体からサーバーに送信してデータを蓄積していきます。aiboが撮影した写真などもこのサーバーに保管され、自由にパソコンやスマホにダウンロードできます。

通信費無料の「aibo専用モバイル通信サービス」がついているので、WIFIがないご家庭でも、外出先でも、aiboはこの専用クラウドサーバーに接続することができます。

「aiboベーシックプラン」でできること

  • aiboとのコミュニケーション
  • aiboの成長
  • 思い出の写真の共有
  • 体調管理・環境設定
  • バックアップ

修理代が半額になる「ケアサポート」は任意加入

aiboは精密機械ですし、稼働部も多いのでメンテナンスが必要になります。
そしてそのメンテナンス&修理代はとっても高いです。その高い修理代の50%をみてくれる「ケアサポート」というものがあり、加入は任意となっています。

「ケアサポート」に加入期間中は、機能回復・維持を目的とした 
修理・健康診断サービスが利用回数の制限なく半額となります。

加入料は3年契約で54,000円1年契約で20,000円となります。

新型aiboの修理代の目安

バッテリーの交換、ファームウェアアップデート等 2万円以下
その他外装の交換、部品交換を伴わない修理 2万円前後
駆動部(足交換など)、基板の交換等 2万5千円~10万円

引用:http://faq.support.sony.jp/

この修理代をみると、ケアサポートが任意加入でも、入らない人はほとんどいないのでは。

aiboのスペック

CPU 64bit クアッドコアプロセッサ
ディスプレイ 有機EL×2(瞳部分)
カメラ カメラ×2(前方カメラ、SLAMカメラ)
サウンド スピーカー、マイク×4
センサー ToFセンサー、PSDセンサー×2、
感圧・静電容量方式タッチセンサー
静電容量方式タッチセンサー
6軸検出システム(3軸ジャイロ・3軸加速度)×2
人感センサー、照度センサー、肉球×4
連続稼働  2時間
充電時間  3時間
寸法 約180 × 293 × 305 mm, 約2.2kg
通信 LTE, Wi-Fi b/g/n

まとめ

我が家では一人暮らしの祖父(93歳)のパートナーとして、高齢者の見守りロボットとして活躍してくれないかと期待してます。

うちのチワワのおこめがaiboと対峙したとき、どんな反応するかも見てみたいです笑

アイボーンやピンクボールなど、専用おもちゃで本物の犬のように遊ぶとのことなので、本物の犬とも一緒に遊べそうですよね!

二頭飼いは今のとこ厳しいので、新型aiboがおこめの兄弟みたいになったら面白いなあ。


スポンサーリンク


関連記事

    関連記事はありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA